知人に紹介してもらう

相談class=

税金や法律に関する相談は多岐にわたって起こりえます。
所得税や消費税の確定申告、相続、贈与、遺言手続きなどです。
まず、どこで相談を受け付けているかは、士業の横断的分野となっているので、難しいところですが、法テラスや法律事務所、司法書士事務所、税理士事務所など身近なところから、相談してみるといいです。
また税務と法律を兼務した事務所などもあります。
いずれも競合分野なので遺産相続をめぐる問題を取り上げてみます。
税理士にしかできないのは相続税の申告ですが、よほど多額でない限り相続税を支払う必要はないです。
弁護士は調停や審判など裁判所での手続きになった際には弁護士しか代理人になることができないのです。
司法書士は不動産の名義変更ができます。
そのことを理解した上で利用するといいでしょう。

どの事務所を利用するかにもよりますが、まず初回は無料というところが多いです。
料金的に一番安いのが、司法書士事務所です。
相続税の申告と裁判所が関わることはできないですが、一番気軽に相談できるところでしょう。
弁護士は法律に熟知しているので、なんでもおまかせができますが、一般的には費用はやや高めと言われています。
ただ、弁護士費用を法テラスなどで分割で支払うことができます。
税理士は税金のプロですので、相続税にとても詳しいです。
一般的には相続に関しては、相続財産の1~3%というところが多いようです。
また、大手銀行や信託銀行でも、遺産整理業務をやっていますが、費用はかなり高いです。
100万円以上はかかります。