事務所に行く

お金と家class=

税理士に税務に関する相談をする事には、様々なメリットがあります。
税金の額が少なくなる方法を教えてもらえる場合もあります。
税金に詳しくない人の場合には、制度を詳しく知らないために、支払わなくても済む税金を過剰に支払っているような場合があります。
そうしたケースの一つとして、税額控除ができるのにそれを利用していないようなケースがあります。
税理士に相談する事でこれらの控除のうち、自分が受けられるものを教えてもらえます。
こうした控除制度の中にはそれぞれの法律で定められているものの他に、租税特別措置法で定められているものもあります。
新しく定められた控除制度なども、税理士に相談すれば詳しく内容を教えてもらえます。

税理士といえば昔から税金に関する相談や、税務に関する事務を代行するのが一般的な仕事でした。
ですが最近では全く新しい形態で事業を行う税理士も現れています。
そうしたものの代表が事業者を専門にしたものです。
税務に関する相談だけではなくて、広く会社の経営全般のコンサルタントを行う税理士などもいます。
そうした専門家の中には、公認会計士などの資格を同時に持っている人もいます。
またそれ以外の経営に関する資格を持っている人もいます。
経営の相談に多角的に乗ることで、より専門性の高い経営指導を行う事ができます。
ビジネス全般のパートナーとしての役割を満たすために、より積極的にビジネスに関するアドバイスを行っています。